2019年 厚生労働省関連のお知らせ

後期高齢者医療制度の健診において使用している質問票の変更について(2019/09/19)
後期高齢者医療制度の健診については、制度発足当時より特定健診の項目に 準じて実施しており、質問票も特定健診に準じて「標準的な質問票」を活用してきました。 しかしながら、「標準的な質問票」はメタボリックシンドローム対策に着目した 質問項目が設定されており、フレイルなどの高齢者の特性を把握するものとしては 十分なものとはいえないことが課題とされ、今般、新たに「後期高齢者の質問票」が策定されました。

令和2年度以降の健診等においては「後期高齢者の質問票」をご活用いただくよう 厚生労働省から事務連絡が発出されています。 後期高齢者の健診を実施しているご施設におかれましては、ご協力の程お願い申し上げます。

01_後期高齢者医療制度の健診において使用している質問票の変更について(PDF)
02_別添(事務連絡)後期高齢者の質問票(PDF)
03_質問票の変更に伴う電子的な標準様式等の仕様について(PDF)
別添1 OID(オブジェクトID)追加内容(Word)
別添2 XML用特定健診項目情報追加内容(Excel)

厚労省ホームページ:高齢者の保健事業のあり方検討ワーキンググループ



後期高齢者の質問票の見直しについて(2019/04/15)
3月28日の第34回保険者による健診・保健指導等に関する検討会にて後期高齢者の保健事業に関して、新たな質問票の内容が報告されました。当面は努力義務となりますが、2020年4月より使用が開始されます。内容につきましては下記をご確認ください。

   URL:第34回保険者による健診・保健指導等に関する検討会
   ※資料4はこちら→資料4_高齢者の保健事業について

   PDF:後期高齢者の質問票(PDF)

「ウイルス性肝炎患者等の重症化予防事業」における職域の肝炎ウイルス検査を受けた者
への初回精密検査費用助成の実施について(2019/04/01)
職域の肝炎ウイルス検査を受けた者への初回精密検査費用助成の実施に伴う協力依頼について
(PDF)
別紙様式例4-2(Word)
別紙様式例4-3(Word)
※参考1 実施方法について(PDF)
※参考2 「ウイルス性肝炎患者等の重症化予防推進事業の実施について」の一部改正について
(PDF)